性病(STD)の悩みは恥ずかしさだけ・・・?!
性病の悩みを解決して、楽しい生活を送りましょう!!


性病(STD)

大部分の人は病人に対していたわりの情を示しますが、病気がセックスによって移ったとなると、周りの反応は少し違ってきます。大人になればセックスするのは当たり前ですが、それが原因で病気になるとは思いもよらないことでしょう。
STD(性病)は深刻な病気ではありません。
STD(性病)ほど診断方法がはっきりしていて、治療方法も単純な病気はめったにありません。
しかしながら今の医学の発達した時代ですら、STD(性病)は蔓延しているのが現状です。このサイトではこのようなSTD(性病)悩みに関して理解していただき、少しでもお悩みの方の手助けになれば幸いと考えております。


【STDに関するニュース】
STD(性病)って、症状が無ければ検査してもわからない?=STD研究所
サーチナニュース
秋がはじまるこの時期は、STD(性病)の検査を受ける人も増えてきます。ところで検査を受けてみたいけど、どう考えたらいいの? そのような方への内容をお届けいたします。 【1】STD(性病)検査って、症状が無くてもできる? STD(性病)検査って大切なのは ...

性病 - 質問・相談ならMSN相談箱
自分わ男なのですが性病で子供ができなくなったりわするのでしょうか ... 「わ」は止め なさい ...

月曜日は性病について考えやすい日?
(Pouch) - エキサイトニュース
週明けともなると、会社に行くのが憂うつになってしまう方も少なくないのでは?週末を 楽しく過ごせば過ごすほど、仕事に戻るときの切り替えが難しいものですよね。ところが、 ある研究によると月曜日に元気が出ないの...

性病検査で全て陰性でしたがHIVが不安です。 | OKWave
私は昨年、大手の結婚相談所で出会った男性とお付き合いしました。 半年ほどお 付き合いして別れました。 彼はすごい仕事人間 ... かかった病院で検査をしたか否かを お聞きになってはいかがでしょう? お聞きになる事ができないのであれば、無料でも 匿名でも ...


性病(STD)の悩みに関する基礎知識

STD(性病)の現状

「排尿時に痛みがある・・・・」

 男性の尿道炎の原因になる菌の中には、セックスでうつる病原体が少なくありません。これがSTD(性病)です。

 STDとはSexually Transmitted Disease (性行為でうつる病気)の略で、日本で古くから知られてきた性病(淋病梅毒)よりも広範囲の病気を指します。

 性行為でうつる可能性のある病気として、淋病梅毒のほかにも、クラミジア性器ヘルペスエイズ(HIV)、B型肝炎、尖圭コンジローマ、トリコモナスなど、多くの病気があります。


淋病ですら・・・

 1980年代末から、世界各地でエイズ(HIV)が問題になり始めた。エイズ(HIV)とはHIV(ヒト免疫不全症候群)というウィルスによって引き起こされる感染症であります。当初は感染したら、発症を防ぐ手立てがなかったことで、全世界に恐怖心を煽ったことです。

 しかし日本では「男性同性愛者やドラック常習者はより危険」ということが前面に立ち、「男女間の普通のセックスでうつるSTD(性病)のひとつ」という本質が隠されてしまいました。

 エイズ(HIV)騒動の影で何が起こっていたかというと、日本においては性病(STD(性病))が増えています。なかでも女性のクラミジア有病率が高くなっており、90年代にはいって一度は減少した淋病がここ最近になって急速に増加してきています。HIV感染者にくらべはるかに治療しやすいはずの淋病ですら抑えることのできないでいるのが今の日本の現状です。不用意な抗生物質(抗菌剤)の乱用で薬に対してやたら強い耐性淋菌ができてしまった結果が淋病増加に結びついていると考えられています。


エイズ(HIV)に感染した人の数は

今日厚生労働省から、平成20年度のエイズ(HIV)感染者数の発表がありました。
その発表によると、エイズ感染者は相変わらず増えているということですが、
やはり、若年層のセックスに対する意識の低さからか、コンドームを着けて行うということにまだまだ認識が低いという現状が現れてきたのでしょうかね?

厚生労働省のエイズ動向委員会は17日、平成20年に新たに報告された国内のエイズウイルス(HIV)感染者が1126人で、平成15年以来、6年連続で過去最高を更新したと発表した。新たに発症したエイズ患者も431人と過去最高となった。

 感染者の内訳は男性が1059人と全体の約94%。感染経路別では同性間の性的接触が最も多く779人(約69%)、次いで異性間の性的接触が220人(約20%)と、性的接触が大部分を占めている。年代別では10代19人、20代333人、30代428人、40代202人、50代以上143人、年齢不明1人だった。

 昨年12~3月の四半期の報告数では、HIV感染者は249人と前回よりも43人減少したが、エイズ患者は124人と過去2番目に高い値だった。ヤフーニュース参照

この記事を見る限り、同性の性的接触が最も多いようですが、
相変わらず性的接触による感染が多いということは、エイズに関する認識が低いという表れかもしれませんね。

このエイズというものは、潜伏期間が長いということで、自分が感染しているという認識が薄く、その間に他の性的接触をすることにより、感染者を増やしてしまうという悪循環を起こしているということも考えられますね。

そう考えると、最近フェーズ6に引き上げられた「新型インフルエンザ」ともなんとなく似ているような気がしますが・・・

エイズもそうですが、やっぱりそのウィルスに対する正しい認識が必要であるということがいえるのかもしれませんね。


最終更新:2013年02月05日