性病(STD)の現状

上野クリニック 上野クリニック

STD(性病)の現状

「排尿時に痛みがある・・・・」

 男性の尿道炎の原因になる菌の中には、セックスでうつる病原体が少なくありません。これがSTD(性病)です。

 STDとはSexually Transmitted Disease (性行為でうつる病気)の略で、日本で古くから知られてきた性病(淋病梅毒)よりも広範囲の病気を指します。

 性行為でうつる可能性のある病気として、淋病梅毒のほかにも、クラミジア性器ヘルペスエイズ(HIV)、B型肝炎、尖圭コンジローマ、トリコモナスなど、多くの病気があります。



淋病ですら・・・

 1980年代末から、世界各地でエイズ(HIV)が問題になり始めた。エイズ(HIV)とはHIV(ヒト免疫不全症候群)というウィルスによって引き起こされる感染症であります。当初は感染したら、発症を防ぐ手立てがなかったことで、全世界に恐怖心を煽ったことです。

 しかし日本では「男性同性愛者やドラック常習者はより危険」ということが前面に立ち、「男女間の普通のセックスでうつるSTD(性病)のひとつ」という本質が隠されてしまいました。

 エイズ(HIV)騒動の影で何が起こっていたかというと、日本においては性病(STD(性病))が増えています。なかでも女性のクラミジア有病率が高くなっており、90年代にはいって一度は減少した淋病がここ最近になって急速に増加してきています。HIV感染者にくらべはるかに治療しやすいはずの淋病ですら抑えることのできないでいるのが今の日本の現状です。不用意な抗生物質(抗菌剤)の乱用で薬に対してやたら強い耐性淋菌ができてしまった結果が淋病増加に結びついていると考えられています。



こんなセックスが性病を・・・

淋病や梅毒が感染の中心の時代、性病と呼ばれ性をなりわいにしている人がなる疾患という印象が強かったようです。
しかし、クラミジアやエイズなど感染から症状の発現までに長い時のかかる性病の流行で、
特定の人としかセックスをしない普通のファミリーにもやすやすとに忍び込むまでに広がりを見せています。
エイズ(HIV感染症)も特殊な人だけがかかる疾患ではなく、普通のセックスで感染する疾患です。

懸念されることなんですが、最近性病が再び増加傾向にあります。
特に若年者においてその動向が強いようです 。
性病のケアには迅速な医療診断と適当な治療、そして定期的な経過観察が重要です。

感染の不安からうつ病になり、社会生活を送れなくなってしまう人もいれば、
逆に全く病識がなく、薬を飲めば回復できる程度に考え、感染者となってもセックスを繰りかえし、
不特定多数の相手に感染させていくような人も見うけられます。

今でも性病は他の病気に比較、恥ずかしい病気と考え、なかなか病院を受診しにくいことが多いようです。
おかしいかなと思ったら医療機関を受診してください。



日本では

 STD(性病)を防ぐ方法は実に単純なことです。性行為の際に必ずコンドームを使うようにすればよいのです。事実タイやカンボジアでは、性風俗店でのコンドーム使用を義務付けた結果、HIVの流行が鈍化している傾向にあります。

 しかし日本で国を挙げてコンドームの使用を取り組むというのは難しいことでしょう。国も医者も、患者も「性病」という言葉につきまとう薄暗いイメージが払拭できないのです。特別な人の特別な病気、運悪くかかったら、こっそり治すもの、そんな認識がはびこっており、日本はSTD(性病)大国へと変化しているようです。



クラミジア以上に多い、危険なウィルス感染

 クラミジアよりもさらに深刻なのは、HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染率であります。

 HPVにはいくつかの型があり、性器周辺には無数のイボをつくる尖圭コンジローマのウィルスとして知られていますが、型によっては悪性腫瘍、なかでは子宮ガンを引き起こす危険が高いものがあります。

この高リスクHPVの感染率が10代後半で過半数、20代前半で40%弱とあらゆる年代で突出しています。HPVに感染していることがわかってもウィルスを消し去る薬はいまのところありません。気づかれぬまま広がり始めているHPV感染が今後子宮頸がんの急増という事態を招くおそれが多いことは、おそろしいことであります。



ひろがりつつある、HIV感染

 2003年、世界中が新型肺炎SARSの出現に恐れたのは記憶に新しいことです。中国政府が世界に公表しなかったことが感染拡大の要因であったことはいうまでもありません。

 HIV感染(エイズ(HIV))についても状況は似ています。WHO(世界保健機関)の指摘を受けて修正された数値された数値によると、2010年の中国のHIV感染者は、少なく見積もっても2000万人に達すると予測されています。

 日本でもあまり公にはされてはいないがHIV感染者は増加の一途を辿っています。これまで日本の感染者のほとんどが血液製剤と男性同性愛者、外国人娼婦でありました。

 しかし近年10代女性をはじめとする異性間性交渉による感染(STD(性病)性HIV感染)が増えています。マスコミがエイズ(HIV)を取り上げた時期はコンドームの使用率が急増し、クラミジア淋病の患者の減り、HIVの感染者数も減る傾向を見せました。

ところが薬害エイズ(HIV)問題以降、マスコミはほとんど無関心になってしまい、世の中からエイズ(HIV)が消えてしまったかのようになってしまったが、その陰でHIVがひろがっているのが事実です。



上野クリニック 上野クリニック