10代の男女に蔓延するクラミジア

 無防備なセックスを繰り返すうちに、若い世代でSTD(性病)が広がっている現状がある。

 通常クラミジアが感染・発症するのは、男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎であります。10代・20代の女性子宮頸部は円柱上皮といわれる粘膜部分が膣内に大きく露出しています。クラミジアはここに好んで繁殖します。解剖学的に見て、若い女性はクラミジアに感染しやすい条件を持っているといえます。

若い女性に多ければ、そのセックスパートナーである同世代および少し年長の男性にも多く見られるのは当然ともいえるでしょう。