服薬中にやってはいけないこと

 STD(性病)の治療中にはやってはいけないことがあります。

 そのひとつに「服薬中のアルコールの飲まない」というのがあります。禁酒をするのは治療薬の副作用が出やすくなることもひとつの要因ですが、アルコールには治療薬の血中濃度を下げる作用があるのも要因となります。

 抗生物質は一定の血中濃度を保つことで、初めて病原体を駆逐する効果が発揮されます。服用した薬の血中濃度が有効血中濃度以下になるまえに、次の薬を服用する。このように一定の血中濃度を維持し続けることが重要になります。

 アルコールが入ると、抗生物質はあるが、有効血中濃度には届かないという状態を作ることになります。このような状態が続くと最も耐性菌が生まれやすい状態になるのです。