STD(性病)に有効な薬は変化しています

 1929年、アオカビから作られたペニシリンの誕生は、STD(性病)の病原体にとってはやっかいなものだったと思います。ペニシリンをはじめ、他の微生物の発育を阻害する働きを持つ化学物質を「抗生物質」と呼びますが、抗生物質によって梅毒淋病、そしてクラミジアなどでSTD(性病)の治療は容易になったはずでした。

 しかし近年「容易」とはいいがたい状況になってきました。

 例えば「淋病」。
抗生物質の投与量を増やせば、それに比例して淋菌も死滅する割合が増えていくわけですが、抗生物質にさらされ続けると淋菌はこれに対抗する遺伝子を身に付けることになります。これを「耐性」と呼ぶが、耐性を身に付けた淋菌は投与量を少しくらい増やしただけでは死滅しなくなります。

 ペニシリン開発当時は感染症治療の特効薬としてもてはやされていたが、ペニシリン耐性を持った菌の増加とともに見向きもされなくなった。その代わりにペニシリン耐性を持った菌にも極めて強い抗菌力を発揮するキノロン系といわれる各種の抗菌剤が世界中で使用されるようになった。

 その結果今度はキノロン系への耐性を身に付けた菌体が増加するという事態が起こってきたのである。まるでいたちごっこであります。