STD(性病)の検査は

 STD(性病)が疑われる場合の検査は大きく2つに分けることができます。病原体そのものを検出する検査か、あるいは病原体に感染した痕跡を調べる検査か、です。

 淋病クラミジアなどの病原体は尿道や膣、ときにはのどの粘膜からの分泌物に多く含まれています。そこで分泌物を取って病原体そのものが検出されるかどうかを調べます。

 分泌物を採取する場合は尿道や膣に綿棒を突っ込んで擦り取られるのではないかと思われている方も少なくないようですが、それは受診する病院の方針によって様々であり、一概にはいえないようです。

 クラミジアそのものの検出も、最近はDNAレベルで行なえるようになったため、かなり精度が上がってきています。現在最も優れた検査方法はPCR法と呼ばれる方法です。PCR法であれば尿を採取するだけでよいです。排尿がはじまったばかりの尿には尿道の分泌物が含まれています。分泌物の中のクラミジアのDNAを増やし、これに蛍光抗体と呼ばれる物質を加えます。

 DNAがあれば蛍光抗体はこれに結びつき、光を当てると輝いて見えます。蛍光の強さを数値で表し、ある数値以上ならばクラミジアは存在する、その数値に達していなければクラミジアはいないと判定されます。