性病(STD)になったら

上野クリニック 上野クリニック

STD(性病)の症状の出た診療科に行く

 気になる症状がでてしまったら、どこの科に行けばよいのでしょうか?

原則として、STD(性病)の症状が出たところの専門科に行けばよいでしょう。
女性性器ならば婦人科、尿道が痛ければ泌尿器科、皮膚が痒ければ皮膚科というようにである。

「性病科」の看板を探す方もいるかしれないが、日本の医者で「性病科専門」という資格を持つ人はいません。またできればSTD(性病)の治療をよく手がけているところにかかるのが間違いを減らすコツともいえます。



STD(性病)治療には保険証を持参しよう

 「性病の治療には保険は利かないのではないか」という心配している人も多いようですが、STD(性病)は肺炎やはしか、風邪と同じような感染症の一種でるため、当然保険扱いの対象となります。

また保険を使うと会社にばれてしまうのではないかと心配する人もいるようですが、病名は個人の最高レベルの個人情報ですので、会社に知られるようなものではありません。万が一病名が伝わるようなことがあっても、それを理由に人事に不利になるようなことは法律で固く禁止されています。


しかしつぎのような場合は保険が適用されませんので、注意が必要です。

1、健康保険証を持参しないとき
  保険証のコピーは認められません。原則として再診時でも保険証が必要となります。

2、保険証の資格や期限が切れている場合

3、受診先の医療機関が健康保険取扱の指定を受けていない場合

4、保険の認めている限界以上の検査や投薬が必要な場合たいていの場合は保険適用の範囲内で治療は十分に可能ですが、最新・最良の検査や薬を使おうとすると、自己負担が必要になる場合があります。

5、病気にかかっていることが明らかではないが、本人の希望で検査を受ける場合、これは都道府県の行政によって解釈が異なるので、医療機関に問い合わせたほうが良いです。


エイズ(HIV)の検査については、現在のところ保健所ならば無料で受けられます。「症状なないけどエイズ(HIV)は心配」という場合には、保健所を利用するのもひとつの方法でしょう。



パートナーにはしっかり伝える

 パートナーに病名を告げるのは勇気がいることと思います。しかしこれをクリアしなければSTD(性病)をしっかり治すことはできません。

STD(性病)の感染は時期がはっきり特定しないことがあります。とにかく伝え方を工夫して、同時治療をしなければ、のちのち再発に繋がるおそれが非常に強いです。



服薬はきちんとし、セックスは厳禁

 クラミジア淋病の場合には指示されたとおりの服薬をすることが大切である。アルコールも厳禁であることは言うまでもありません。

また薬を飲みきってもそれで終わるわけではありません。治癒したかどうかを確認するために必ず再度受診することが必要となります。

服薬を続けている間は、症状が消えてもセックスは絶対に避ける必要性があります。たとえコンドームをしていても治療中のセックスは非常に危険なのです。射精時に病原体が身体の奥の前立腺などに入ってしまうこともあるからである。

HIVはつねに相手を感染させる危険が伴なう。固定したパートナーであってもコンドームの使用は不可欠です。



家族に対するマナー

 家庭内での感染は、性交渉のある配偶者以外には心配する必要はありません。毛じらみ以外であれば、感染者が使った下着やタオルを家族のものと一緒に洗ってもそれが原因でうつるようなことはありません。しかし膿がついたままの下着をそのまま洗濯機に放り込むのは問題です。最低限のマナーとして下洗いは自分するのが最低限のマナーでしょう。



上野クリニック 上野クリニック