診療科へ行こう

上野クリニック 上野クリニック

STD(性病)の症状の出た診療科に行く

 気になる症状がでてしまったら、どこの科に行けばよいのでしょうか?

原則として、STD(性病)の症状が出たところの専門科に行けばよいでしょう。
女性性器ならば婦人科、尿道が痛ければ泌尿器科、皮膚が痒ければ皮膚科というようにである。

「性病科」の看板を探す方もいるかしれないが、日本の医者で「性病科専門」という資格を持つ人はいません。またできればSTD(性病)の治療をよく手がけているところにかかるのが間違いを減らすコツともいえます。



STD(性病)治療には保険証を持参しよう

 「性病の治療には保険は利かないのではないか」という心配している人も多いようですが、STD(性病)は肺炎やはしか、風邪と同じような感染症の一種でるため、当然保険扱いの対象となります。

また保険を使うと会社にばれてしまうのではないかと心配する人もいるようですが、病名は個人の最高レベルの個人情報ですので、会社に知られるようなものではありません。万が一病名が伝わるようなことがあっても、それを理由に人事に不利になるようなことは法律で固く禁止されています。


しかしつぎのような場合は保険が適用されませんので、注意が必要です。

1、健康保険証を持参しないとき
  保険証のコピーは認められません。原則として再診時でも保険証が必要となります。

2、保険証の資格や期限が切れている場合

3、受診先の医療機関が健康保険取扱の指定を受けていない場合

4、保険の認めている限界以上の検査や投薬が必要な場合たいていの場合は保険適用の範囲内で治療は十分に可能ですが、最新・最良の検査や薬を使おうとすると、自己負担が必要になる場合があります。

5、病気にかかっていることが明らかではないが、本人の希望で検査を受ける場合、これは都道府県の行政によって解釈が異なるので、医療機関に問い合わせたほうが良いです。


エイズ(HIV)の検査については、現在のところ保健所ならば無料で受けられます。「症状なないけどエイズ(HIV)は心配」という場合には、保健所を利用するのもひとつの方法でしょう。



上野クリニック 上野クリニック