梅毒

上野クリニック 上野クリニック

梅毒とは

◆症状
感染後3週間ほどすると、性器周辺に痛みのないしこりができたり、ももの付け根のリンパ節が腫れたりします。放置しておくと血管やリンパ管を通って梅毒トレポネーマは全身に広がっていきます。
3ヶ月ほどたつと、こんどは全身にかゆみも痛みもない赤い斑点が現れたり、かたく盛り上がったイボができます。口腔内の粘膜にもできものが現れたりします。
性器周辺や脇の下など、皮膚や粘膜がこすれあう部分にイボができると、表面がただれて壊れやすくなります。ここから出る分泌物には大量の梅毒トレポネーマが含まれているため、性行為の際相手に感染しやすくなります。

◆検査
しこりやイボから出る分泌物から病原体を検出するほか、血液検査で調べます。

◆治療
感染後2年以内なら抗生物質の内服または注射で完治します。



上野クリニック 上野クリニック